当院からのお知らせ

日本経済新聞2021年(令和3年)4月26日(月曜日)免疫の主役「キラーT細胞」

サイトカイン(整理活性物質)の一つである「IFN-γ(インターフェロンガンマ)」の分泌(指令)により活性化されるキラーT細胞やB細胞たちは、ウィルスやがんを攻撃します。
「IFN-γ(インターフェロンガンマ)」の分泌(指令)を効率良く増強する方法の一つとして、当院が従来から実施しているIMF注射が適していると考えられます。
ご自身の免疫力をアップしましょう。