免疫力向上療法

当院では、患者さんの自己免疫力を引き出すことに重きをおいております。常に自己免疫力の高い状態を作り出し、持続させることでがん・ウィルス予防効果を引き出します。本来備わっている免疫細胞が正常に動いてさえいれば、がんやウィルスにも負けない体を皆持っているのです。我々は自己免疫力を活性化させるスイッチを入れるお手伝いを致します。

がんが進行している患者さんは、生体の免疫力そのものが非常に低下しております。その状態で免疫システムを働かせようとしても思うような結果が生まれないです。どうしても免疫システムの力を再活性化させる方法が必要であると考えました。
免疫システムが低下している体内環境を外からの刺激により、免疫細胞を活性化することでがん細胞の増殖を抑えられるという結論に至りました。
NK細胞活性をサイトカインレベルで高めることで、以下の症状まで緩和できると期待しております。

  • ①三大病気と言われる、がん(再発)
  • ②毎年アレルギーに悩まされ、苦しむ花粉症
  • ③コロナウィルスなどのウィルスに対する不安

<免疫力を上げる三本の矢>

  • ①IMF: Immuno-Modification Factor(免疫調節因子)療法
  • ②ホルミシス療法(ラドン治療)
  • ③アガリクスサプリメント(ヒメマツタケ)

免疫を上げる①本目の矢
IMF: Immuno-Modification Factor療法(免疫調節因子)とは

非自己(ウィルス、細菌、がん細胞など)に対して強力に排除します

【IMFの作用について】

IMF(免疫調節因子)

キラーT細胞の教育を助けるヘルパーT細胞の働きを強めたり、キラーT細胞の増殖を援助し、NK細胞の働きを強めることが報告されています。
したがって、免疫力を向上させることが知られています。
がん再発した方の予防もしくはがん家系の方の予防としても使用しております。

<副作用事項>

・重篤なものはありません

・発熱

37℃台の微熱が出ることがありますが1~2日で解熱します(頻度2%程度)

ごくまれに38℃の熱が出ることがあります

発熱時は特に治療は必要ありません(解熱剤の服用は問題ありません

・からだのだるさ

接種後2~3日間身体のだるさを感じる場合があります(頻度1%程度)

・注射部位の痛みや皮下出血

注射局所の痛みが2~3日続く場合があります

皮下の血管に針が当たって皮下出血する場合があります

免疫を上げる②本目の矢
ホルミシス療法(ラドン治療)とは

大量の放射線は身体に有害だが、極少量では刺激となり、寿命をのばすなど身体に有益な作用を及ぼす

放射線ホルミシス国際シンポジウム
Treatment of Cancer and Inflammation With Low-Dose Ionizing Radiation: Three Case Reports.
Kojima S1, Tsukimoto M1, Shimura N2, Koga H3, Murata A3, Takara T4.

活性酸素(過剰な産出で老化、がん、生活習慣病を引き起こす要因)の活動を抑制するためには、ビタミンCやビタミンEの摂取が効果的ですが、実は低線量の放射線には、それらとはけた違いの抗酸化作用があることがわかっています。 人が低線量放射線に被ばくすると、体内の水分が分解され、瞬間的に大量の活性酸素が発生します。すると身体は、あわてて抗酸化系のスイッチを入れ、活性酸素に対抗しようとします。その結果、抗酸化酵素が次々に発生し、余計な活性酸素を除去してくれるのです。また、低線量放射線には、DNAの修復力を強化する効果もあります。 DNAにはもともと、自己修復能力が備わっており、活性酸素などで多少傷つけられても、自力で治すことができます。(中略)低線量の放射線を浴びた場合には、かえってDNAの修復能力が高まることが、実験などによって確認されています。

<病気治療に期待できるもの>

神経痛、頭痛、慢性疲労、不定愁訴(更年期障害)、めまい、生理痛、花粉症、皮膚疾患(水虫を除く)、眼精疲労、視力低下、白内障、緑内障、リウマチ、アトピー性皮膚炎、ぜんそく、慢性気管支炎、胃炎、胃潰瘍、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、膠原病、糖尿病、間質性肺炎、肺気腫、クローン病、脳梗塞、てんかん、脳腫瘍、転移性脳腫瘍、悪性リンパ腫、胃がん、乳がん、肺がん、肝がん、胆がん、膵がん、大腸がん、直腸がん、子宮がん、子宮頚がん、卵巣がん、等々…

免疫を上げる③本目の矢
アガリスク(ヒメマツタケ)とは

学名:アガリクス ブラゼイ ムリル / Agaricus blazei Murill
和名:ヒメマツタケ
アガリクス
特許9個、研究結果報告73回以上の元祖最高級のアガリクス
40年以上も研究されて開発された姫マツタケITO-S株
アガリクス

Β‐グルカンなどの有効成分

免疫を高める

  • 補体
  • マクロファージ
  • ヘルパーT細胞
  • NK細胞などの免疫細胞を活性

細菌・ウィルス・がん細胞破壊

ヒメマツタケは生活習慣病をはじめ、アトピーなどさまざまな病気に効果が期待できます。血流の流れをよくして高血圧、動脈効果を予防するほか、血糖値を下げインスリンの分泌を促進するなど糖尿病に効果があります。また肝臓障害の抑制やアレルギー性疾患などにも効果があることが実験によって確認されています。

ヒメマツタケは免疫力をパワーアップすることで、自然治癒力を高め、病気になりにくい身体をつくります。手術後や病後など体力が落ちていつときにヒメマツタケを飲むことにより、再発や他の病菌の併発防止にも力を発揮するでしょう。

  • 抗がん剤作用
  • がんの転移抑制
  • 脱コレステロール作用
  • 血清脂質低下作用
  • 肝機能強化
  • 血糖降下作用
  • 免疫強化
  • 抗アレルギー作用
  • 心臓病予防
  • 便秘解消
  • 抗酸化作用

<タカラクリニック監修のドクターズサプリメント>

姫マツタケATOP