がん予防

がん予防とは

がん家系の方、がんになった方は、がんになりやすいとされています。
悪くなる前に出来ることがあります。
タカラクリニックでは、がんの再発予防に力を入れています。

健康療法

<培養上清液療法>

<NK療法>

体内に眠っている大量のNK細胞に覚醒を促し、免疫刺激効果がある。

<高濃度ビタミンC点滴療法>

高濃度ビタミンCを全身に点滴で注入することにより血中ビタミンC濃度増加させ、がん細胞内だけに活性酸素を発生させがん細胞を消滅させる療法である。延命効果も報告されています。

 

<プラセンタ注射>

 

再発予防

<NK療法>

体内に眠っている大量のNK細胞に覚醒を促し、免疫刺激効果がある。

<WT-1ワクチン>

overlapWT-1というがん細胞の共通抗原を使用

この抗原を加工し患者様本人の樹状細胞ががん抗原を認識

その抗原を認識した樹状細胞がTリンパ球にがんの情報を提供

情報を受けたTリンパ球はそのがん細胞だけを攻撃するCTL細胞傷害性Tリンパ球に変化

身体中のがん細胞をCTLが攻撃

<IL-12>

インターロイキン12(Interleukin-12、アイエル12):樹状細胞や単球が作るたんぱく質です。キラーT細胞の教育を助けるヘルパーT細胞の働きを強めたり、キラーT細胞の増殖を援助したり、NK細胞の働きを強くしたりします。

<高濃度ビタミンC点滴療法>

高濃度ビタミンCを全身に点滴で注入することにより血中ビタミンC濃度増加させ、がん細胞内だけに活性酸素を発生させがん細胞を消滅させる療法である。延命効果もみられる。